株式会社レアックス
札幌本社
〒065-0024
北海道札幌市東区北24条
東17丁目1番12号
TEL.011-780-2222
FAX.011-780-2221
東京営業所
〒144-0034
東京都大田区
西糀谷1-10-16
TEL.03-5735-5951
FAX.03-5735-5952
西日本営業所
〒691-0011
島根県出雲市国富町730
TEL.0853-31-4861
九州機材営業所
〒812-0874
福岡市博多区光丘町2丁目3-21
(株)九州地質コンサルタント内
■ボリビア海外代理店
水源社
SUIGEN srl
Av.Los Ángeles #4 U.V.119 Barrio California, Santa Cruz, Bolivia
Tel: +591-3-3544430
Fax: +591-3-3521991

Boring Map Viewer

Boring Map Viewer(BMV)は、背景地図として電子国土基本図サービスを利用したボーリング位置確認ソフトです。
ボーリング位置確認ソフト

Boring Map Viewer(BMV) ダウンロード

BMVはフリーソフトです。下のバナーからダウンロードしてご使用ください。
bmv Download

Boring Map Viewer 更新履歴

 
 
2012/12/12 Version 1.0.0
  • Boring Map Viewer公開
 
 
 
 
 
2013/04/24 Version 1.0.1
  • テンポラリからデータベースへ移動した時に、PDF等が開けないバグを修正。
  • boring.xmlのバージョンが1.30以前で緯度経度の表現方法に曖昧さがあることから、1.30以前では基本BEDのデータを拾うように修正
 
 
 
 
 
 
2013/05/31 Version 1.0.2
  • 表示範囲をクリップボードへ転送する機能を追加。
  • 印刷時の「電子国土」のマークサイズを大きくした。
  • 絞り込みデータの出力に関するバグをいくつか修正。
  • ボーリング位置をKMLファイルに出力する機能を追加。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014/03/07 Version 1.1.0
  • 国土地理院の規約変更にともなう修正。
        規約の表記文言を変更。
    地図タイル形式対応。
        標準地図の他、淡色地図、白地図、オルソ画像に対応。
        (整備されていない地域の場合は標準地図を表示する)
        印刷サイズの最大をA3に変更。
  • 起動時に設定フォルダーが無い場合は、ダイアログを開いて設定するよう変更。
        起動時の表示位置を固定する機能を追加。
  • マウスのホイールでで画像縮尺を変更可能にした。
  • 件名をダブルクリックすると、業務範囲を表示するように変更。
  • 移動メニューを追加。全国各地へのショートカットを実装。
        ユーザー設定によりショートカットを追加可能にした(user_jumplist.csv)。
        メニューのレベルは5まで。
  • 絞り込みに調査期間の設定を追加した。
  • 背景画像を読み込んでいるのに白く表示されるバグを修正。
  • 設定でデータベースを変更しても追随しなかったバグを修正。
  • フォルダチェックでバグがあったのを修正。
 
 
2017/01/27 Version 1.2.0
 
1.バグ修正
  •  最初に起動した際に正しく初期化されないバグを修正
  • オフラインでプログラムが終了しないバグを修正。
  • オフラインの際に地図画像が表示されないバグを修正。
  • データの表示・非表示が反映されないバグを修正。
  • 柱状図データを読み込むときに調査期間が読み込まれないバグを修正。
  • ファイルメニューからテンポラリデータの追加を選んだときに一つしか反映されないバグを修正。
  • テンポラリデータフォルダーが空で無い状態で起動したときに地図の表示位置が範囲外であるバグの修正。
  • 何らかの理由で設定フォルダ名が空などになって起動した場合の対処を追加。
  • 絞り込みで調査期間による絞り込みが機能していないバグを修正。
  • 緯度経度をチェックし、明らかに異常なデータは読みまないよう変更。
 
2.仕様変更
  • 同一名の別種業務の読み込みについて年度で見分けをするよう変更。
  • ズームレベルを5~18まで対応。オルソ等も対応ズームレベルを拡大。
    上記に伴い、バージョン情報に出所表示を追加。
  • 旧測地系の柱状図を新測地系(測地系2000)の位置に直して表示出来るよう変更。
  • Windows10において、キャッシュ暗号化アルゴリズムの変更。
    この仕様変更のため、Windows10にアップデートする際にはキャッシュを作り直す必要があります。
 
3.機能追加
  • CALS仕様対応(BED400.DTD,BRG200.DTD対応)。
  • 業務におけるボーリングの範囲を緯度経度で確認できる機能を追加。
  • 業務フォルダーを表示する機能を追加。
  • コア写真フォルダーを表示する機能を追加。
  • 移動メニューのカスタム機能を追加
  • ユーザージャンプの編集機能を追加。
  • 表示範囲の地図をインターネットから取得するメニューを追加。
  • 測地系2011追加。
  • データのコピー時にコア写真フォルダのコピーの可否を設定できるようにした。
 
4.機能改善
  • データベースをキャッシュするように変更。
  • キャッシュされた地図画像の読込を高速化。
 

Boring Map Viewer(BMV)の機能

簡単操作でボーリングデータのデータベース化が可能

BMVは、建設CALSの仕様に則ってデータを取り込みます。

XMLデータをドラッグアンドドロップで直接データベースに登録ができます。

単独の柱状図データ、INDEX_D.XML(業務データ)、Boring.XMLのデータを簡単に取り込んで、データベースに登録することができます。

自動でボーリング位置情報を地図上に表示

地図上にボーリング位置を表示
データが登録されると、インターネットから取得した地図画像にボーリング位置表示します。(取得した地図画像はキャッシュされますのでオフラインでも表示可能)

地図上からボーリング情報、柱状図(PDF)を確認できます。

※背景画像として利用する地図画像は、「(国土地理院背景地図等でデータ利用許諾番号) 2012-019 号」により、国土地理院の許諾を受けて利用しています。

その他の機能

データベースから、必要なデータを絞り込んで、データのエクスポート(XML)ができます。
BMVはexeファイルのみで動作するため、インストールは不要です。

Boring Map Viewer(BMV)の使用方法

既往業務位置・調査位置情報の確認

データの登録は建設CALSに対応したデータであればドラッグアンドドロップで簡単に取り込むことが可能です。
取り込んだデータをデータベース化することで、既往業務位置の確認もできます。
単独の柱状図データ(XMLファイル)を取り込んで位置表示が可能です
地図上にボーリング位置を表示
業務データが完成していれば、電子媒体内のINDEX_D.XMLをドラッグアンドドロップするだけで取り込み可能です
BORING.XMLをドラッグアンドドロップしても取り込みが可能です

地質情報の確認

PDFデータがあれば、地図上あるいはデータリストから柱状図を確認することができます。(Adobe Reader DCなどPDF閲覧ソフトのインストールが必要です)

既往データの提供

データベースから、必要なデータを絞り込んで、データのエクスポート(XML)ができます。
BMVはexeファイルのみで動作するため、インストールは不要です。

データベースとテンポラリデータ

取り込んだデータは、必ずテンポラリデータに入ります。テンポラリデータは、ハードディスク上に指定されたフォルダーにデータがコピーされている状態です(標準ではc:\temp\BorMapViewer\temp)。テンポラリデータは、プログラム終了時に自動的に削除されます。
データをデータベースに追加するには、テンポラリデータ上で右クリックし、データベースに追加を選びます。
データベースに登録されました。他のデータベースを開くには、メニューのファイルから、データベースを開くを選びます。新規にデータベースを作る場合には、空のフォルダーを用意して、それを選択します。

Boring Map Viewer(BMV)の活用事例

発注者

  • 過去に発注したボーリング地点の地質情報を一括に管理することができる。
  • 地図画像を一度読み込むと、パソコンのキャッシュ機能によって、ある程度の範囲はインターネットにつなぐことなく表示できる。
  • ボーリング調査を新規に発注する時は、近隣のボーリングデータの有無が確認できるため、発注時のチェックまたは適切な調査地点の検討に利用できる。
  • 既往の地質調査報告書を受注者に貸与する時も、ボーリング柱状図に業務名がきさいされているため検索容易である。

受注者

  • 過去に受注した業務の検索が容易にできる。
  • ボーリング地点を地図上に表示できるため、位置情報のチェックが容易である。

Boring Map Viewer(BMV)の仕様

動作環境

OS: WindowsXP 以降
インターネット接続できない場合、キャッシュされた地図のみとなります。
データベースやキャッシュのためにある程度大きな保存領域(ハードディスクなど)が必 要です。

使用条件

本プログラムおよび簡易マニュアルの著作権は株式会社レアックス(以降弊社)が保有し ます。

背景画像として利用する地図画像は、「(国土地理院背景地図等でデータ利用許諾番号) 2012-019 号」により、国土地理院の許諾を受けて利用しています。このため、地図画像を 含む画像等の使用に当たっては、国土地理院の利用規約に従います。詳しくは国土地理院 のホームページをご覧ください。 本プログラムを使用して生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いませ ん。

本プログラムの再配布について、以下の条件で許可いたします。
  1. 私的な利用において、下の 3.の条件を除き、著作権を侵さない範囲での使用は自由 です。
  2. 本製品を営利目的で使用する場合、国土地理院の利用規約を遵守の上、事前に弊社 に連絡をください。
  3. 本プログラムを改変したり、弊社が用意した配布物の一部のみを再配布することを 禁じます。
 

Boring Map Viewer(BMV) Q&A

1. 建設 CALS とは何ですか?
2. 登録するための柱状図データはどのように準備すれば良いのでしょうか?
3. データベースの登録には INDEX_D.XML を用意する必要がありますか?
4. 作成したデータベースを他の人に渡せますか?
5. インターネットに接続しないで地図を表示できますか?
6. 地図上に表示されたボーリングの位置はどの程度正確ですか?
7. キャッシュした地図フォルダーを指定しても、地図が表示されません。
8. 地図が部分的に表示されません。
9. A3 で印刷しようとしましたができませんでした。
10. 柱状図データが表示されません。