株式会社レアックス
札幌本社
〒065-0024
北海道札幌市東区北24条
東17丁目1番12号
TEL.011-780-2222
FAX.011-780-2221
東京営業所
〒144-0034
東京都大田区
西糀谷1-10-16
TEL.03-5735-5951
FAX.03-5735-5952
西日本営業所
〒691-0011
島根県出雲市国富町730
TEL.0853-31-4861
九州機材営業所
〒812-0874
福岡市博多区光丘町2丁目3-21
(株)九州地質コンサルタント内
■ボリビア海外代理店
水源社
SUIGEN srl
Av.Los Ángeles #4 U.V.119 Barrio California, Santa Cruz, Bolivia
Tel: +591-3-3544430
Fax: +591-3-3521991

ボアホールカメラ観察

ボアホールカメラ観察 ※BIPシステムは1996年に科学技術長官賞を受賞
 

岩盤の割れ目や弛み、コンクリート構造物の亀裂の調査

地質調査
   岩盤の割れ目や破砕部の直接的な観察
   地質構造(走向・傾斜・開口量等)の計測
   
構造物の維持管理
   トンネル覆工背面の空洞や緩み領域の調査
   橋梁などの基礎杭の亀裂診断
   井戸の目詰まりや破損状況の確認
   井戸の目詰まりや破損状況の確認
   
施工管理
   地下空洞などの掘削に伴う岩盤状態の変化の確認
   ロックアンカーなどの定着部の状態確認

統合孔内画像化装置 BIP-V

デジタル可視イメージ(360度連続)・アナログTVイメージ(前方、側方回転)・超音波イメージ(反射強度、反射時間)
レアックスでは、3つの方式で孔壁状況を画像化する計測・解析サービスを行なっています。
BIP-V システム構成
レアックスは、円錐鏡を利用したボアホールカメラ観察システムを世界で初めて完成させて企業です。
このシステムの基本概念は、全国標準積算資料(土質調査・地質調査)でも紹介されています。
測定方向

デジタル可視イメージ(360度連続) 

ODS(Optical Digital Scanner)プローブ
 
孔壁360度の定方位連続展開画像をフルカラーでデジタル記録。

可視光による孔内円周スキャニング

可視孔壁展開画像による岩盤評価
孔壁展開画像を基に、割れ目の走向傾斜や割れ目頻度により岩盤を評価を行います。
岩盤評価

孔壁展開サンプル画像

下の画像をクリックすると拡大表示します。
孔壁展開サンプル画像

BIPシステムを用いた杭基礎調査

コンクリート内部の亀裂の位置や幅を直接観察します。
杭基礎調査状況
下図は、阪神・淡路大震災で破損した高速道路基礎を観察した展開画像です。
杭基礎調査

小口径孔を観察する (小口径ボアホールカメラ)

ODS-Scope

BIP-SCOPE
小口径カメラ(Φ26mm)により、コアカッターで掘削した孔でも観察可能です。
カメラは完全防水。
専用の押込み装置で、計測方向は選びません。
ケーブル長は100m。 適応孔径:Φ30mm~Φ60mm
コアドリルによる掘削
ダイヤモンドコアドリルやコアカッターを使用して、コンクリートなどへの小口径孔の掘削が可能です。(径により掘削延長限界は変化します)
掘削作業と観察を併せての業務も行なっております。

超音波イメージ(反射強度、反射時間)

USS(Ulta Sonic Scanner) プローブ

超音波孔壁展開画像による地盤評価

泥水が満たされたボーリング孔でも孔壁展開画像を基に、砂礫層の区間や礫率、ラミナなどの堆積構造を評価することができます。
超音波孔壁展開画像による地盤評価

超音波・可視孔壁展開サンプル画像

※下の画像をクリックすると可視光(ODS)と超音波(USS)の展開画像が表示されます。
超音波孔壁展開画像

ライブビデオイメージ(前方、側方回転) 

DVS(Dual-mode Video System)プローブ

ライブビデオ画像によるボーリング孔・井戸評価

前方、側方(回転)ライブ画像を基に、観測・採水井戸の仕上がりや閉塞状況などの観察を行います。
また、杭内部や煙突内部観察などDVSカメラの利用実績があります。
ライブビデオ画像によるボーリング孔・井戸評価 観察画像