株式会社レアックス
札幌本社
〒065-0024
北海道札幌市東区北24条
東17丁目1番12号
TEL.011-780-2222
FAX.011-780-2221
東京営業所
〒144-0034
東京都大田区
西糀谷1-10-16
TEL.03-5735-5951
FAX.03-5735-5952
西日本営業所
〒691-0011
島根県出雲市国富町730
TEL.0853-31-4861
九州機材営業所
〒812-0874
福岡市博多区光丘町2丁目3-21
(株)九州地質コンサルタント内
■ボリビア海外代理店
水源社
SUIGEN srl
Av.Los Ángeles #4 U.V.119 Barrio California, Santa Cruz, Bolivia
Tel: +591-3-3544430
Fax: +591-3-3521991

地下水流向流速計の測定

ボーリング孔を利用して、地下水の流向・流速を測定します。
 
 
地下水の微細な動きを把握する熱量式 地下水流向流速計 GFD-3A

流向流速計 GFD-3A 特長

流向流速計 GFD-3A 特長

流向流速計の原理について(熱量式の原理)

下図は、プローブの構造についての模式断面図です。
プローブ中心の棒状小型ヒータの周囲に16個の高精度サーミスタを配置しています。
ヒータに一定電力(定電流/定電圧)で通電しながら、各温度センサの経時変化を測定します。
地下水が流動していない状態では、温度分布は、同心円状になり、下図の地下水が流動している状態では、ヒータの熱が右方向に移動します。その結果、右側の温度センサが高い温度を示します。
この温度変化から流速をを測定します。
流向流速計の原理について(熱量式の原理)

流向流速計GFD-3A 主な用途

  • 地下水汚染調査
  • 地すべり地における地下水流動調査
  • 土木工事に伴なう地下水流動の影響調査(周辺井戸の影響確認)
  • 河川敷等での伏流水調査

GFD-3A システム構成

GFD-3A システム構成
 
 
 
 
 
流向流速計 プローブ
プローブサイズはφ34mm×250mm。ケーブルは30m(有効長は28m程度)。
孔径に応じたフィルター(パッカーリング)を使用します。
フィルタータイプ(パッカーリング):φ50mm、φ60mm、φ70mm、φ80mm、φ90mm、φ100mm。
 
 
 
中継BOX
電源はAC100V。通信ケーブル(RS232C)でパソコンと接続。
 
 
オプション品
Wパッカー(φ50mm~φ60mm用)。
 

制御ソフトウェア

制御ソフトウェア
制御ソフトは視覚的にデータを表示し、リアルタイムに水温・流向・流速を表示します。

記録データはエクセル等で取り扱うことが出来るCSV形式で出力できます。

※GFD-3Aには、コンパス及び深度センサーは内蔵されておりません。