株式会社レアックス
札幌本社
〒065-0024
北海道札幌市東区北24条
東17丁目1番12号
TEL.011-780-2222
FAX.011-780-2221
東京営業所
〒144-0034
東京都大田区
西糀谷1丁目10番16号
TEL.03-5735-5951
FAX.03-5735-5952
西日本営業所
〒691-0011
島根県出雲市国富町730
TEL.0853-31-4861
九州機材営業所
〒812-0874
福岡市博多区光丘町2丁目3番21号
(株)九州地質コンサルタント内
レアックス オーストラリア RaaX Australia Pty.,Ltd
6 Mann Place,Higgins,ACT 2615
Tel&Fax:Int+61-(02)-6254-44090

地中レーダー探査

空洞探査  ≪災害復旧調査に迅速に対応!≫

地震が起きると、道路の陥没埋設管の破損など、インフラに大きな被害を及ぼすことがあります。また、路面下に空洞が生成され、進行することにより、更なる路面陥没などの被害が発生する可能性があります。
地中レーダーは、地下空洞埋設物迅速・簡易に探査できる非破壊探査手法です。
測線に沿って路面上をなぞるように測定を行うと、レーダーチャートと呼ばれる反射波形断面から、空洞や地盤の緩み、埋設管などの特長的な反射波形を読み取ります。
450MHzのアンテナを用いた場合、地表面から2m程度(地盤条件により異なります)の深さまで探査可能です。

地中レーダー探査  ≪適用例≫

RAMAC/GPR システムはMala GeoScience社が開発した世界で最も洗練された 地中レーダーシステムです。
また装置はパーツ毎にモジュール化されており、柔軟性、費用効率およびその優れたデータ品質が広く認識されています。

適用例

  • 地表面下部の埋設物や空洞などの位置の特定
  • トンネルなど背面空洞をスピーディーに探査
  • 埋没地形など旧地形の検証
  • 遺跡などの調査
地中レーダー探査状況

調査事例

戦時中の防空壕の存在が指摘される調査地において以下の様なレーダー反射波を得ました。
解析した結果地表より深度3.00m~4.00m空洞と判断される反射波が確認でき防空壕と判断しました。
後日開削工事を行った結果とも一致しました。
防空壕の調査事例