株式会社レアックス
札幌本社
〒065-0024
北海道札幌市東区北24条
東17丁目1番12号
TEL.011-780-2222
FAX.011-780-2221
東京営業所
〒144-0034
東京都大田区
西糀谷1-10-16
TEL.03-5735-5951
FAX.03-5735-5952
西日本営業所
〒691-0011
島根県出雲市国富町730
TEL.0853-31-4861
九州機材営業所
〒812-0874
福岡市博多区光丘町2丁目3-21
(株)九州地質コンサルタント内
レアックス オーストラリア RaaX Australia Pty.,Ltd
6 Mann Place,Higgins,ACT 2615
Tel&Fax:Int+61-(02)-6254-44090
■ボリビア海外代理店
水源社
SUIGEN srl
Av.Los Ángeles #4 U.V.119 Barrio California, Santa Cruz, Bolivia
Tel: +591-3-3544430
Fax: +591-3-3521991

土壌汚染調査

レアックスの土壌汚染調査

土壌汚染調査とは

土壌汚染とは、重金属や揮発性有機化合物などの有害物質が土壌中に蓄積され、その濃度が法や条例で定められた基準値を超えている状態のことを指します。土壌汚染対策法では、2つのリスクに着目して25物質が指定されており、この指定物質は特定有害物質と呼ばれています。
 
  1. 有害物質を含む土壌を直接口にした時のリスク(直接摂取リスク)有害物質を含む土壌を直接口にした時のリスク(直接摂取リスク)
  2. 土壌中の有害物質が地下水に溶出し、その地下水を飲んだ時のリスク(地下水等経由の摂取リスク)
 
なお、『直接摂取リスク』に対しては土壌含有量基準、『地下水等経由の摂取リスク』には土壌溶出量基準がそれぞれ設定されています。

土壌汚染対策法に基づく調査の流れ

土壌汚染対策法で調査義務が発生するのは以下のケースです。
 
  1. 有害物質使用特定施設の使用の廃止時
  2. 一定規模(3000m2)以上の土地の形質変更の届出の際に土壌汚染のおそれがあると都道府県知事等が認めるとき
  3. 土壌汚染により健康被害が生ずるおそれがあると都道府県知事等が認めるとき
土壌汚染対策法で調査義務が発生するケース
フェイズ1調査
フェエイズ2調査
一方、民間同士の不動産取引では、(土壌汚染対策法上の調査義務はなくても)地歴調査や試料採取等調査を買主などから求められるケースがあります。そのような場合に対しても、レアックスでは経験豊富なスタッフが迅速かつ丁寧に対応いたします。
レアックスの調査実績や技術者の保有資格等につきましては、『土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の情報開示』をご覧ください。

調査方法

特定有害物質による土壌汚染のおそれの区分
フェイズ1調査(地歴調査)では、旧版地図や公的・私的資料のレビュー、聴取調査、現況確認などにより、対象地における土壌汚染のおそれを評価します。具体的な評価項目は次のとおりです。 試料採取等対象物質の特定 土壌汚染のおそれの区分フェイズ2調査(試料採取等調査)では、地歴調査結果に基づき試料採取等を行なう区画を選定し、試料採取・分析により土壌汚染の有無やその程度を把握します。
  • 試料採取等対象物質の特定
  • 土壌汚染のおそれの区分
現場分析車での土壌ガス分析状況
フェイズ2調査(試料採取等調査)では、地歴調査結果に基づき試料採取等を行なう区画を選定し、試料採取・分析により土壌汚染の有無やその程度を把握します。
通常、第一段階として揮発性有機化合物を対象とした場合は土壌ガス調査、重金属等や農薬等を対象とした場合は表層土壌調査を行ない、この結果に応じて平面的な絞り込み調査やボーリング調査へと進みます。

汚染土対策とリスク評価

汚染土対策

法や条例では、土壌汚染(基準不適合土壌)が存在する場合でも、健康リスクがなければ対策を求められることはありません。また、健康リスクがある場合でも、舗装や原位置封じ込めなどにより、有害物質が人体に取り込まれないように適切に管理されていれば、必ずしも土壌や土壌中の有害物質を取り除く必要はないとされています。
一方で、民間同士の土地取引等においては、何らかの対策を買主によって求められるケースも少なくありません。レアックスでは土地取引や公共事業などでの汚染土対策の施工実績もあります。
砒素汚染土の不溶化処理
<施工例:ケース1>
    対象土壌:公共工事(橋脚工事)に伴い発生 した自然的原因による砒素汚染土壌
    対策方法:天然鉱物資源を用いた不溶化処理
    土 量 :約800m3
    備 考 :対策土は道路盛土として利用
テトラクロロエチレン汚染土の場内浄化
<施工例:ケース2> 
    対象土壌:不動産取引の際に判明したテトラクロロエチレン汚染土壌
    対策方法:生石灰を用いた浄化処理(有害物質の除去)
    土 量 :約200m3
    備 考 :場内での処理後、掘削箇所に埋め戻し

リスク評価

一方、近年、『サイト概念モデルによるリスク評価』が、土壌汚染対策法とは異なる視点で合理的な対策を検討する上での重要なキーワードとして、『建設工事における自然由来重金属等含有岩石・土壌への対応マニュアル(暫定版),国土交通省,平成22年』でも取り上げられています。これは、土壌汚染対策法の適用対象外とされるトンネル掘削等で発生する岩石ずり(自然由来重金属の濃度が基準値を超えるもの)に対して、従来の発生源評価ではなく、井戸等の受容体(保全対象)で評価する考え方が基本となっています。
 
リスク評価