本文へ移動
株式会社レアックス
札幌本社
〒065-0024
北海道札幌市東区北24条
東17丁目1番12号
TEL.011-780-2222
FAX.011-780-2221
 
関東営業所
〒331-0804
埼玉県さいたま市
北区土呂町2丁目12番地8
TEL.048-871-9084
FAX.048-871-9822
 
西日本営業所
〒691-0011
島根県出雲市国富町730
TEL.0853-31-4861

新着情報とお知らせ

VMOD Flex 7.0 オンラインセミナー(英語)のご案内
2021-03-12
オンラインセミナー開催のご案内
(Visual MODFLOW Flex v7.0を用いた地下水流動および汚染輸送モデリング)

Waterloo Hydrogeologic では、Visual MODFLOW Flex v7.0を用いた地下水流動および汚染輸送モデリングのオンラインセミナーを開催します。
このコースでは、1月にリリースされたVisual MODFLOW Flexv7.0を使用して、完全な地下水モデリングプロセスを紹介します。概念モデル開発、数値モデル開発、汚染物質輸送モデリング、強化されたモデリング結果と解析のための二次ユーティリティの使用、パラメータ推定とモデルキャリブレーション、モデル結果の分析など、さまざまな地下水モデリングの概念に焦点を当てた講義と演習を楽しめます。
費用    :$1,250 USD(参加者とメーカー直接契約)
場所    :オンライン
期間    :2021年3月29日(月)~4月1日(水) 4日間
時間    :9時~17時(東部標準時間)
             23時~7時(日本標準時)
言語    英語

コーストピック
  • モデリングプロセスの原理
  • 概念モデル開発
  • MODFLOWを用いた地下水流動モデリングの基礎
  • 有限差分グリッド設計と最適化の原理
  • 適切な境界の設定
  • 高度なSFRパッケージを通じた表面水の流れをシミュレーション
  • マルチ帯水層システムのシミュレーション
  • 粒子追跡、パスライン解析、キャプチャゾーンの線引き
  • 地域地下水収支分析
  • 汚染物質輸送プロセスとシミュレーション
  • 流動および輸送モデルのキャリブレーションと検証
  • PESTを用いた自動パラメータ推定理論

コースで使用する演習では、現在のVisual MODFLOW Flex ProまたはPremiumライセンスが必要です。Visual MODFLOW Flex Premiumトライアルライセンスは、必要な方の登録料の一部として、コース期間中に使用されます。


どのような方に適しているか?
このコースは、地下水モデリングの基礎を学び、Visual MODFLOW Flexを使用してモデルを開発する方法に興味がある方に適しています。事前のモデリング経験は必須ではありませんが、コース教材を把握するために水理学の原理の基礎知識が必要です。
参加者は、自分のコンピュータにソフトウェアを読み込んで、オンラインコースにリモートで接続する必要があります。
Visual MODFLOW Flex v7.0 を実行するには、以下の最小要件を持つコンピューターが必要です。
  • オペレーティングシステム:Windows 10(Professional, Enterprise または Ultimate)
  • プロセッサ: 32-bit または 64-bit
  • ハードディスク: モデルを実行するのに十分なスペースを備えた500GBドライブ。50GBの空き容量をお勧めします
  • RAM: 16GB以上推奨

このコースは、最も活発なパートナーの一人であるAndras Jakabと、Waterloo HydrogeologicのプロダクトマネージャーであるKristian Doerkenが主導します。いずれの講師も、コースで扱われている概念を説明し、あなたが持っている可能性のある質問に答える助けとなり、豊富な実世界の経験をもたらします。


お問い合わせ:sales@waterloohydrogeologic.com

セミナーご登録は下記からお申し込みください。
※本セミナーはお客様ご自身でのお申込みとなります。
TOPへ戻る